キャッシュレスサービスは誰のためにあるのか 一番 得をするのは誰か

4月16日に「未来投資会議」が開催され、その後、西村経済再生相の記者会見があったという。 ロイターによれば、1)兼業・副業の促進、2)キャッシュレス決済普及のための手数料と金融システムの見直し、3)デジタル広告市場の発展について議論を行ったという。 資金決済を行うためのネットワークである「全銀システム」には現在、銀行のみが参加を認められているという。 「キャッシュレス事業者が直接「全銀システム」に参加できる道を開き、手数料についても合理的な水準への引き下げを図りたいとの意向を示した」とロイターは伝える。 よりキャッシュレスサービスの普及を図ろうということであろうか。 キャッシュレス決済普及は手数料が障壁、システム見直しを=再生相(ロイター) また、新たなフィンテック・ベンチャー企業が生まれることで競争を促進し、「既存の金融機関も新しいビジネスモデルを構築して欲しい」と期待感を示した。(出所:ロイター) 政府成長戦略の中核に「Society5.0の実現」があり、政府のSDGsにも大きく関わる。 その中で、フィンテックは重要なテーマであり、政府はKPIまで設定している。 KPI 2020年6月までに、80行程度以上の銀行におけるオープンAPIの導入を目指す。 2025年6月までに、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすることを目指す。 (出所:首相官邸公式サイト 成長戦略ポータルサイト) 「…

続きを読む

2040年未来予測 国際競争力か、国際協調か 2030年日本はどうなるか

『未来の科学技術の予測を文部科学省の科学技術・学術政策研究所がまとめた』と先日、日本経済新聞が報じた。 量子計算機・空飛ぶ車… 2040年に実現する未来技術は(日本経済新聞) 2035年に実用的な性能を持った次世代計算機「量子コンピューター」が実現し、33年には「空飛ぶ車」が都市部で人を運ぶ――。こんな未来の科学技術の予測を文部科学省の科学技術・学術政策研究所がまとめた。専門家約5300人への調査などを基に2040年の未来像を描き、約700の科学技術が普及する時期などを分析した。政府は分析結果を科学政策の議論に役立てる。(出所:日本経済新聞) 科学技術・学術政策研究所からの発表資料 『第 11 回科学技術予測調査 S&T Foresight 2019 総合報告書』 日本経済新聞は、『科学技術予測調査は個別の研究テーマの実現性や実用化時期を厳密に探ることが目的ではなく、将来の科学技術と社会の姿を議論するための材料を提供することに主眼がある』と指摘したうえで、『8つの異分野融合の研究領域』が、「イノベーションや国際競争力につながる重要な領域だと伝える。 科学技術が細分化して複雑化する中、従来の分野の枠にとらわれない研究開発の重要性が増している。今回の調査では新しい試みとして、研究テーマをAIの言語処理と専門家の議論によって分類し、8つの異分野融合の研究領域を見いだした。同研究所の赤池伸一上席フェローは「イノベーションや国際競争力につながる重要な領域だと考えられる…

続きを読む

気候変動 人類は新たに進化するのか、まさか絶滅なんてないよね😮

人類の進化とか、その歴史に興味がある。AFPの記事がたまたま目に入り、また、はまってしまった。 現生人類、ボツワナで20万年前に誕生 DNA分析で特定(AFP) 研究者ではないので、きちんとノートに書き残すこともなく、ただ想像しているだけのことだが、人類が何故、どのようにして感情を手に入れたとか、なぜアフリカを出ようと決意したのかと、誰を連れ立って出発したのかと、ついつい想像してしまうことがある。移住した先々の環境に適合できた種だけがその地に留まり、その環境を好まなった種はさらに移動を続けたのだろうか。 そんなことに関連するテレビや記事があるとついつい読んでは、また、想像を膨らます。 最近、気になっている本があったので、余計AFPの記事が気になったのかもしれない。 研究チームはサンプルを地理的分布や考古学、気候変動のデータと合わせ、ゲノム年表を作製。年表から、L0系統の起源が20万年前のザンベジ川(Zambezi River)南方のボツワナ北部にさかのぼることが示唆された。  同地域はマカディカディ・オカバンゴ(Makgadikgadi-Okavango)と呼ばれ、現在は主に荒原が広がっているが、当時はビクトリア湖(Lake Victoria)の約2倍の大きさの巨大湖があったという。人類は同地域に約7万年の間住んでいたが、約13万年前に起きた気候変動により世界各地に広がっていったとみられている。(出所:AF…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」