首相は会見で「新たな社会像を大胆に構想」といい、小泉大臣は「経済社会の再設計」といった

6月18日に首相の記者会見があった。冒頭、河井夫妻逮捕を陳謝し、多岐にわたる内容について、色々と語っていた。 何が一番のポイントなのか、つかみづらかったが、都道府県またぐ移動自粛などが緩和されると聞いて、ひとまず安堵した。 「集中から分散へ」との言葉を気になった。 3つの密を避けることが強く求められる中において、地方における暮らしの豊かさに改めて注目が集まっています。足元で、20代の若者の地方への転職希望者が大幅に増加しているという調査もあります。 集中から分散へ、日本列島の姿、国土の在り方を、今回の感染症は、根本から変えていく、その大きなきっかけであると考えています。  コロナの時代、その先の未来を見据えながら、新たな社会像、国家像を大胆に構想していく未来投資会議を拡大し、幅広いメンバーの皆さんに御参加いただいて、来月から議論を開始します。  新たな目標をつくり上げるに当たって、様々な障害を一つ一つ取り除いていく考えです。そして、ポストコロナの新しい日本の建設に着手すべきは今、今やるしかないと考えています。 (出所:首相官邸公式サイト) メディア各社による報道内容はまちまちだ。 時事通信は、「安倍政権に大打撃 首相「責任を痛感」―求心力低下へ・河井夫妻逮捕」と記者会見の模様を伝えた。 「政治とカネ」の問題では、昨年12月にカジノを含む統合型リゾート(IR)汚職事件で秋元司被告=自民離党=が逮捕された。今回の河井夫妻により安倍政…

続きを読む

問題視される「巨額な業務委託費」に群がる大企業たち

新型コロナの感染が拡大し、みなが経済への影響を危惧した。コロナ対策は、ワクチンと治療薬の開発に頼るしかないと、みながそう信じた。 遠く過去を振り返れば、医療技術が現代のように発展していない時代は、感染症の予防は公衆衛生に頼らざるを得なかったのではなかろうか。 ワクチンや治療薬が一般に使用できるようになるまではもう少し時間がかかるのだろうか。それまでは間は、「ソーシャルディスタンス」や「マスク着用」などの「新しい日常」で感染予防に努めるということなのだろう。 公衆衛生をもう少し向上させ、感染症に強い社会環境は必要ないのだろうか。 コロナ対策として、補正予算が組まれている。その多くは経済対策とされる。 コロナウィルス感染の危険性はまだあるが、 国民は感染予防に努め、予算執行される施策で消費を拡大して、経済を活性化させようとのストーリーなのであろうか。 少し無理があるストーリーのようにも感じる。 まずは安心・安全を担保できる感染症対策があって、それから経済対策というが道理のような気がする。 補正予算で実施予定の「Go Toキャンペーン」がいったん止まるようだ。3095億円に及ぶ巨額な委託費が明るみになり、野党が批判を強めたという。 同キャンペーンは経済産業省、農林水産省、国土交通省の3省が共同で手掛ける事業で、4月末に成立した第1次補正予算に約1・7兆円を計上。 旅行、飲食、イベント、商店街への支援策が柱となる。国内旅行の…

続きを読む

政権の歴史的評価はどう決まっていくのだろうか

支持率が急落した内閣の今後の行方を報じるメディアが増える。当の本人はどう受け止めているのだろうか。 メディア報道が必ずしも正しいということはないが、気になる報道をいくつか挙げてみると、 「ここまで安倍内閣の“コロナ対策”は何点?」平均点はまさかの“27点” <アンケート結果>(文集オンライン) 「平均点はまさかの…… 総数1501票の平均を出した結果、「27.3点」となった。学校の定期テストであれば“赤点”になってしまう点数だろう。WHOにも「成功」と言われた安倍内閣の対策だが、なぜ多くの人は不満を持っているのか」と安倍内閣のコロナ対策の点数を解説する。 <「100点」23票(1.5%)、「90点」31票(2.1%)、「80点」73票(4.9%)、  「70点」65票(4.3%)、「60点」72票(4.8%)、「50点」133票(8.9%)、  「40点」54票(3.6%)、「30点」181票(12.1%)、「20点」207票(13.8%)、  「10点」277票(18.5%)、「0点」385票(25.6%)>  最も多いのが「0点」385票、次いで「10点」277票という厳しい評価が目立った。 (出所:文春オンライン) アンケート対象の詳細記述が少ないように感じはするが、アンケートであれば、数字自体は信用できるからもしれない。 文集オンラインがもうひとつ「コロナで“無謀の数々”安倍政権の「SNS規制」 …

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」