半導体国際分業体制に変化は起きるのか 小米は中国半導体企業に投資加速という

中国 小米(シャオミ)が、中国半導体企業への投資を加速させていると日本経済新聞が報じる。 それによれば、2019年以降で少なくとも34社を買収したり出資比率を引き上げたりしているという。 小米、中国半導体に出資 34社に拡大 米依存度下げ狙う (日本経済新聞) シャオミが出資した半導体関連企業には、無線通信用の半導体を開発する恒玄科技や、人工知能(AI)用半導体開発の北京晶視智能科技などがある。 米インテルなど、米国勢が先行する分野で成長する中国企業への投資が目立つ。米企業の技術や製品への依存度を下げ、スマートフォン部品の安定的な調達につなげようとするシャオミの狙いが透ける。 (出所:日本経済新聞) 日本経済新聞によれば、アリババ集団やネット検索大手の百度(バイドゥ)も独自のAI半導体を開発するなど半導体分野に力を入れているという。 電機、そして、その構成部品である半導体は「国際分業」が進み、垂直統合、開発設計から製造まで一気通貫に対応する企業は数えるほどになってしまった。 ロイターによれば、SIA 米半導体工業会が、世界の半導体サプライチェーン(調達供給網)は各種サプライヤーが特定地域に集中しているため、自然災害や地政学的な混乱に対する脆弱性が一段と強まっていると警鐘を鳴らしたという。 世界の半導体供給網、各部分の特定地域集中で脆弱性増大=SIA (ロイター) 最先端半導体を設計する知的財産とソフトを支配している…

続きを読む

家電事業を売却するフィリップスと社名を変えるソニー ソニー㈱を引き継ぐのは祖業のエレクトロニクス部門

 オランダのフィリップスが、家電部門を中国のプライベートエクイティ大手のヒルハウス・キャピタルに売却すると発表したという。  家電を祖業とする企業が、その事業を売却するニュースを見るたびに残念と感じる。 フィリップス、調理家電など約4800億円で売却 中国の投資ファンドに(日本経済新聞) 売却するのは、油を使わず調理できる「エアフライヤー」やコーヒーマシン、空気清浄機などの家電事業だ。従業員数は7千人を抱え、20年の売上高は22億ユーロだった。電気シェーバーや電動歯ブラシ、ヘアドライヤーなどは含まない。 (出所:日本経済新聞) 日本経済新聞によれば、総額7億ユーロで15年間にわたりフィリップスや各製品のブランドを使うライセンス契約を結ぶという。 フィリップスはかつて家電大手として知られたが、すでに祖業の照明機器事業やテレビなどのデジタル家電事業を切り離し、診断機器などのヘルスケア事業への集中を鮮明にしているという。 中国と欧米の対立が激しさを増しているように感じる。 中国で事業を行う外国企業は、いや応なしに地政学的リスクの最前線に立たされるとブルームバーグがいう。 人権問題には口出すな、中国で商売するのなら-習政権の戦略に変化(ブルームバーグ) 人権問題を端にして、H&Mやナイキなどアパレル関連の不買運動が起こっているという。 大きな市場には魅力はある。今後の成長も期待できるのかもしれない。が、今の中国をそのま…

続きを読む

エアバスA380 短すぎた役目 最終製造機が初飛行

エアバスA380 スーパージャンボ、最大収容可能人数:853人、世界最大の旅客機だ。その生産が開始からわずか16年で終わるという。 その最終製造機が17日、初飛行を行ったとCNNが報じる。 生産終了のエアバスA380、最終製造機が初飛行を実施 南仏を離陸(CNN) CNNによれば、行き先はドイツのハンブルク・フィンケンベルダー空港にあるエアバスの工場。そこで、この最終機体の引き渡し先であるエミレーツ航空用の塗装や装備の実装が行われるという。 エアバスは2年前に同機の生産終了を発表した。もともと航空会社の関心がより軽量で燃費効率に優れた航空機に移っていたところに、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が追い打ちとなり、航空会社の間ではA380の引退を前倒しする動きが相次いでいる。 (出所:CNN) 日本で初めてA380が飛行したとき搭乗した。記念品をもらい、今までそれを大切に保管していた。 もう終わりになるかと思うと、少し残念だが、空の旅が極端に減っているこのご時世やむを得ないことなのだろう。 今しばらく、超大型機の開発はないのだろうか。 新型コロナ用のワクチン接種が始まり、コロナ渦の終焉をイメージにできるようになってきたのだろうか。 米ボーイング社の2月の旅客機受注数がエアバスを上回り、新規受注数が14カ月ぶりにキャンセル数を上回ったとブルームバーグが報じる。 それによると、米ユナイテッドが2月に「…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」