【記者会見に思う】一喜一憂で、方向性を失う

昨日会見があった。元々期待はしていなかった。いつもの美辞麗句、自画自賛の会見だった。 足元の急減した内閣支持率を鑑み、謙虚な姿勢での会見になるのかと思ったが、相変わらず、 何事もすべて自分の成果にして、自身を誇張して見せている姿が哀れにみえた。 冒頭の発言.... 「先般、世界的にも極めて厳しいレベルで定めた解除基準を全国的にクリアしたと判断いたしました。....世界ではいまなお日々10万人を超える新規の感染者が確認され...わが国では、緊急事態を宣言しても罰則を伴う強制的な外出規制などを実施することはできません。それでもそうした日本ならではのやり方で、わずか1カ月半で今回の流行をほぼ収束させることができました。まさに、日本モデルの力を示したと思います。全ての国民の皆さまのご協力、ここまで根気よく辛抱してくださった皆さまに、心より感謝申し上げます」 コロナの感染防止により命を守り、生活を守ることがコロナ対策の大義ではないのだろうか。 ドイツメルケル首相、ニュージーランドアーダーン首相、台湾蔡英文総統、コロナ対策で上手に国を導き、成功した事例と評価される人たちだ。こうした人たちで同列に評価されたかったのだろうか。 みなが願ったことは、ただコロナが早期に収束し、いつもと変わらない日常に戻ること、それが希望だったんだろうと思う。 日本モデルの成功、根気よく辛抱してくれてありがとうの文脈に愕然とした。 国連から評価されるために行動したわけではないし、…

続きを読む

「雑感」自然の猛威を目の当たりにして

台風19号が東日本各地に甚大な被害を残して通り過ぎていった。自宅が台風進路上だったので心配していたが、自分の住みエリアでは大きな被害はなかった。翌日、TVを見たら、各地の被害状況に驚くばかりである。被災された方々にお見舞い申し上げます。 こうした被害をみるたびにいろいろと考えさせられる。気候変動が他人事ではないとつくづく感じる。 自然とは実に恐ろしいものだ。すべてが自然法則に則るとはいえ、ここまで猛威をふるうことはないのではと思ってしまう。人類が過酷なまでに地球を温暖化させたのだから、厳罰だといっているような気がしてしまう。このようなことが頻発するようであれば、こどもたちの世代はたいへんだ。グレタ・トゥンベリさんの行動の意味がよく理解できる。 何か地球環境によいことを生活の中にひとつずつなんて思っていたが、それでは手遅れということなのだろうか。社会を早急に見直せと、自然がメッセージを発しているように思える。 かつて日本は世界をリードして京都議定書をまとめた。今では環境分野でも世界に相手にされなくなってしましまった。そういえば、第一次安倍政権では、環境立国を目指すといっていたが、その豹変ぶりにはただ驚くだけだ。もしはないことだが、もし環境立国が実現していたら、今ごろ日本は地球環境でイニシアティブを発揮し、また、産業界も卓越した競争力を持ちえたのかもしれない。 世界の国々との温度差を感じる。環境で世界をリードするアップルのような企業との違いも鮮明で、常に…

続きを読む

ほったらかしというホテル

自分でも理由はよくわかっていないけど、ホテルに泊まることが好きだ。年末年始やGWのひとけのない都心に泊まったりすることが好きだったり。何か、ほったらかされている感じがいいのかもしれない。旅館に泊まって、もてなされるのも悪くはないが、時として面倒になることもある。最高級の旅館に泊まれば、また違うのかもしれないが、経験がない。 マレーシアジョホールバルと日本の2拠点生活をしていた時が2年くらい続いた。概ね半分ずつ。ジョホールバルではホテル暮らし。長いと3ヶ月くらい連続で泊っていることもあった。それがホテルを好きになったきっかけのひとつなのかもしれない。街とホテルの雰囲気が入り混じって、その土地での日常を作り出す。そして、人との出会いやふれ合いがワクワク感や色合いを深めていく。非日常のホテルが日常の中に入り込んできていた。 それからというもの、ちがう街のホテルに泊まっても、そんな感覚があったのかもしれない。色々な街の色んなホテルに泊まった。街の雰囲気に不釣り合いのホテルもあった。そういう場合はやはり落ちついた気になれないものだ。 Forbesでこんな記事をみつけた、ちょっと気になった。 若きホテルプロデューサー、龍崎翔子が探し求める「最果ての旅のオアシス」 #30UNDER30(Forbes) 大阪・梅田エリアから少し外れた弁天町にある。市内中心部と比べると賑わいは寂しく、駅の乗降者数も多くないが、昭和の風情が感じられる商店や銭湯が立ち並び、レトロな空気を有している。…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」