宿泊や飲食クーポンが利用できるGo Toキャンペーン その裏側は


コロナの経済対策として、「Go To キャンペーン」が、7月下旬から実施となるようだ。このキャンペーンは観光支援として、宿泊・施設利用・飲食クーポンなどが付与されるという。事業規模は、総額1兆6794億円の予算となるという。

Airstairによれば、このGo To キャンペーンは、旅行業界向けの「Go To Travel キャンペーン」、飲食業界向けの「Go To Eat キャンペーン」、エンターテイメント業界向けの「Go To Event キャンペーン」、小売事業者向けの「Go To 商店街キャンペーン」で構成されるという。

旅行費用を半額補助の「Go To キャンペーン事業」、緊急事態解除受け7月下旬開始へ(Airstair)

Go To Travel キャンペーン」では、感染症収束後の一定期間に限定して行われる旅行需要喚起策で、宿泊付きの場合は 1 泊あたり 20,000 円、日帰り旅行の場合は 10,000 円を上限に旅行代金の半額相当分が、旅行代金の割引やクーポン等の形で割引される。

Go To Eat キャンペーン」では、オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した利用者に対し、飲食店で使えるポイント等を最大1人あたり 1,000 円分付与する。また、登録された飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)も発行する。

Go To Event キャンペーン」では、チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した利用者に対し、2割相当分の割引・クーポン等を付与する。 (出所: Airstair)







コロナの経済対策に費やされる「お金」は総額233兆円にも及ぶという。感染防止により落ち込んだ経済活動救済とはいえ、その額に驚く。実にGDPの4割になるという。

クーポン付与や給付金はありがたい。しかし、その財源は結局は税金である。将来世代に禍根を残すような金額になっていないだろうか。

「全国旅行業協会」の会長は自民党の二階幹事長が務める。
日刊ゲンダイDIGITALは、観光業界の経営支援について「政府に対して厳重にほとんど命令に近い形で要望したい」という二階幹事長の言葉を紹介する。

予算1.7兆円 安倍政権“Go To キャンペーン”強行に非難殺到(日刊ゲンダイDIGITAL)


東京新聞は、遅れる持続化給付金について報道する。実際の給付作業は、大手広告会社の電通や人材派遣会社のパソナが設立した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」に業務委託され、電通に再委託されているという。

約2兆3000億円の給付用資金を扱い、国から769億円の委託料が払われているが同法人は給付遅れに「回答を差し控える」とコメント拒否。実質的な運営形態も開示しておらず公共事業として不透明な面が目立つ。 (出所:東京新聞)


トラベルボイスは、「農林水産省と経済産業省、国土交通省は、需要喚起キャンペーン「Go Toキャンペーン事業」を実施する委託先の公募を開始した」と伝える。
トラベルボイスによれば、事務委託費は上限3095億2651万3000円だという。

Go Toキャンペーン運営事務局の公募開始、「観光」「飲食」など4分野を一括調整、6月8日まで(トラベルボイス)

それにしても、巨額な委託金である。これもまた経済対策の一環ということであろうか。






2次補正では、中小企業の家賃支援や資金繰り強化の他、雇用調整助成金の拡充などが盛り込まれるが、毎日新聞は、与党主導の予算編成と指摘する。

1強政権はなぜ補正予算で主導権を失ったのか 与党案丸のみで「不十分」な中身(毎日新聞)

「GDP(国内総生産)の4割にのぼる世界最大の対策によって、100年に1度の危機から日本経済を守り抜く」。首相は27日の政府・与党政策懇談会で、第2次補正予算案についてこう宣言し、雇用調整助成金の拡充や中小・零細事業者向けの家賃支援などの事業内容をアピールした。ただ助成金の日額上限の引き上げは、当初、慎重姿勢だった政府に対して自民党の岸田文雄政調会長らが求めて実現。家賃支援も自民、公明両党の提言を受けたもの。「経済再生が安倍政権の一丁目一番地」と繰り返す首相の言葉とは裏腹に、与党主導が際立つ予算編成となった。 (出所:毎日新聞)



「経済再生が安倍政権の一丁目一番地」という言葉も聞き飽きた。
大盤振る舞いの経済対策に、巨額な業務委託金。
多くの人々が好況感を持てないのもわかる気がする。

「安倍政権の一丁目一番地」も色褪せた感が否めない。






2708077_s.jpg

この記事へのコメント



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」