電気自動車と燃料電池車は共存するのか? EVとFCVの未来


日経XTECHにこんな記事があった。電気自動車EVと燃料電池車FCV、どちらが将来スタンダードになるかとの問いなのであろうか。


EVとFCVの共存はあり得ない、市場競争に任せれば日本自動車産業は弱体化(日経XTECH)

記事はこう指摘する。

この背景には、EVとFCVは将来すみ分けて共存するという楽観的な見通しがあるのかもしれない。しかし、日本にとって不都合な真実かもしれないが、EVとFCVは将来にわたって共存することはなく、どちらかが淘汰されていずれかの方式に収束するはずだ。
電気を動力としてモーターを駆動させるという点では、EVとFCVは同じだ。EVは車載バッテリーにあらかじめ電気を充電しておき、モーターを駆動させる。これに対し、FCVは燃料になる水素を車載タンクに貯蔵し、車載の燃料電池で化学反応を起こして発電しモーターを動かす。つまり、EVは充電するための充電スタンドを、FCVは水素を補給するための水素スタンドを必要とする。(出所:日経XTECH)


記事筆者は、ビデオのベータとVHS戦争を例にする。

東京都が「ゼロエミッション東京戦略」を公表し、ゼロエミッションビークルZEVを推奨する。東京都はZEVを、EV、FCV、PHVとし、水素スタンドの設置を進めると発表した。その背景には、再エネを利用した水分解で水素を生成し、水素発電(燃料電池)での利用も視野に入れる。

トヨタはEVもFCVも手掛ける。FCVミライもあるが、足元においては、乗用車はEVを主軸に置くのだろうか。一方、大型トラックや産業用のフォークリフトなどはFCVを主にするのではなかろうか。トヨタは、アメリカではFCVトラックの販売を始めるという。







しばらくは、EVとFCVは共存するのではなかろうか。
大型トラック、鉄道におけるディーゼル代替、船舶などは水素利用が急ピッチで進んでいるように思う。こちらで水素が普及し、コストがリーズナブルなものになれば、もしかしたら乗用車もFCVへとの流れはあるのかもしれない。

20190423_01_01_s.jpg






「関連文書」
トヨタやダイムラーも注力する「燃料電池」の巨大な可能性(Forbes)

水素、再び注目が集まるのか⁉

「参考文書」
トヨタ、米LA港プロジェクトに投入するFC大型商用トラックを公開(トヨタ)

この記事へのコメント



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」