半導体国際分業体制に変化は起きるのか 小米は中国半導体企業に投資加速という

中国 小米(シャオミ)が、中国半導体企業への投資を加速させていると日本経済新聞が報じる。 それによれば、2019年以降で少なくとも34社を買収したり出資比率を引き上げたりしているという。 小米、中国半導体に出資 34社に拡大 米依存度下げ狙う (日本経済新聞) シャオミが出資した半導体関連企業には、無線通信用の半導体を開発する恒玄科技や、人工知能(AI)用半導体開発の北京晶視智能科技などがある。 米インテルなど、米国勢が先行する分野で成長する中国企業への投資が目立つ。米企業の技術や製品への依存度を下げ、スマートフォン部品の安定的な調達につなげようとするシャオミの狙いが透ける。 (出所:日本経済新聞) 日本経済新聞によれば、アリババ集団やネット検索大手の百度(バイドゥ)も独自のAI半導体を開発するなど半導体分野に力を入れているという。 電機、そして、その構成部品である半導体は「国際分業」が進み、垂直統合、開発設計から製造まで一気通貫に対応する企業は数えるほどになってしまった。 ロイターによれば、SIA 米半導体工業会が、世界の半導体サプライチェーン(調達供給網)は各種サプライヤーが特定地域に集中しているため、自然災害や地政学的な混乱に対する脆弱性が一段と強まっていると警鐘を鳴らしたという。 世界の半導体供給網、各部分の特定地域集中で脆弱性増大=SIA (ロイター) 最先端半導体を設計する知的財産とソフトを支配している…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」