キャッシュレスサービスは誰のためにあるのか 一番 得をするのは誰か

4月16日に「未来投資会議」が開催され、その後、西村経済再生相の記者会見があったという。 ロイターによれば、1)兼業・副業の促進、2)キャッシュレス決済普及のための手数料と金融システムの見直し、3)デジタル広告市場の発展について議論を行ったという。 資金決済を行うためのネットワークである「全銀システム」には現在、銀行のみが参加を認められているという。 「キャッシュレス事業者が直接「全銀システム」に参加できる道を開き、手数料についても合理的な水準への引き下げを図りたいとの意向を示した」とロイターは伝える。 よりキャッシュレスサービスの普及を図ろうということであろうか。 キャッシュレス決済普及は手数料が障壁、システム見直しを=再生相(ロイター) また、新たなフィンテック・ベンチャー企業が生まれることで競争を促進し、「既存の金融機関も新しいビジネスモデルを構築して欲しい」と期待感を示した。(出所:ロイター) 政府成長戦略の中核に「Society5.0の実現」があり、政府のSDGsにも大きく関わる。 その中で、フィンテックは重要なテーマであり、政府はKPIまで設定している。 KPI 2020年6月までに、80行程度以上の銀行におけるオープンAPIの導入を目指す。 2025年6月までに、キャッシュレス決済比率を倍増し、4割程度とすることを目指す。 (出所:首相官邸公式サイト 成長戦略ポータルサイト) 「…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」