問題視される「巨額な業務委託費」に群がる大企業たち

新型コロナの感染が拡大し、みなが経済への影響を危惧した。コロナ対策は、ワクチンと治療薬の開発に頼るしかないと、みながそう信じた。 遠く過去を振り返れば、医療技術が現代のように発展していない時代は、感染症の予防は公衆衛生に頼らざるを得なかったのではなかろうか。 ワクチンや治療薬が一般に使用できるようになるまではもう少し時間がかかるのだろうか。それまでは間は、「ソーシャルディスタンス」や「マスク着用」などの「新しい日常」で感染予防に努めるということなのだろう。 公衆衛生をもう少し向上させ、感染症に強い社会環境は必要ないのだろうか。 コロナ対策として、補正予算が組まれている。その多くは経済対策とされる。 コロナウィルス感染の危険性はまだあるが、 国民は感染予防に努め、予算執行される施策で消費を拡大して、経済を活性化させようとのストーリーなのであろうか。 少し無理があるストーリーのようにも感じる。 まずは安心・安全を担保できる感染症対策があって、それから経済対策というが道理のような気がする。 補正予算で実施予定の「Go Toキャンペーン」がいったん止まるようだ。3095億円に及ぶ巨額な委託費が明るみになり、野党が批判を強めたという。 同キャンペーンは経済産業省、農林水産省、国土交通省の3省が共同で手掛ける事業で、4月末に成立した第1次補正予算に約1・7兆円を計上。 旅行、飲食、イベント、商店街への支援策が柱となる。国内旅行の…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」