ポストコロナのAIの主導者 ビジョンファンドとトヨタ

ウーバーイーツが好調のようである。Uber Japan株式会社によれば、2019年12月期の当期純利益が約3億3659万円であったという。 自動運転LABは、「日本では外食ができないことによりUber Eatsのサービスがより注目されており、2020年5月からは名古屋と広島でタクシーによるUber Eats配達サービスが行われるなど活動の範囲を広げている」と指摘する。来期はさらな成長が見込まれるのだろうか。 Uber Japan、2019年度決算は純利益162%増!Eatsが牽引?(自動運転LAB) 一方で、本家米国のUberは厳しいようである。コロナの影響でライドシェアサービスが不振に陥り、従業員約6700人の人員削減をするという。 ロイターによれば、市場価額が帳簿価格を下回る事態になっているという。 自動車産業もコロナの影響をまともに受けている。先にコロナを封じ込めた中国でさえ、2020年通年では自動車販売が▲15%の2,190万台になる見込みと日本貿易振興機構JETROが伝える。 そうした環境下にあって、トヨタも今期の売上は減少と見込むが、利益は5000億円確保を目指すという。 自動運転LABによれば、トヨタは、2020年3月期の決算発表で、「未来への投資と新たなモビリティ社会に向けた投資は『やり続ける』」と明言したそうだ。2021年に着工予定の自動運転やAI技術の実証都市「Woven City」についても「やり抜く、…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」