楽天市場 その光と影 気になる傲慢経営

楽天市場が出店者にだけ負担を強いる「送料無料」施策を強行するという。 「楽天市場の持続的な成長はできない。送料無料ラインの変更は大変だということは理解している」と三木谷社長が恒例の「新春カンファレンス」語ったとネットショップ担当者フォーラムが伝える。 楽天・三木谷社長が語った「送料無料ラインの全店舗統一」実施への決意&2019年の総括と今後の取り組み(ネットショップ担当者フォーラム) 購入者の送料負担を0円とする送料無料ラインを全店舗(一部除く)共通の3980円以上に設定する施策について三木谷社長は、「(この施策を)やらなければこれ以上の成長は難しい。前向きに捉えていただき一緒に成長していきたい。なにがなんでも成功させたい」と説明し、3月18日のスタートを断言。(出所:ネットショップ担当者フォーラム) この送料無料施策に、反対する出店者がいる。送料を出店者が負担することや選択肢の余地のない一律のシステムの強制導入に反発があり、そうした楽天の姿勢に抗議するため、「楽天ユニオン」を結成された。 楽天ユニオンは、楽天の規約変更が独占禁止法に抵触するとして、公正取引委員会に対し調査を求めていたという。 そうした事情がありながら、楽天は、新施策「送料無料」を強行するという。 ブルームバーグは、三木谷社長のTwitterの投稿を紹介する。 「公取や行政のマスコミにリークをして、牽制をかけるやり方はあまりに時代錯誤で酷すぎる」 …

続きを読む

会社ごとに違う社風、そうだなと思うこと

少しばかり古いが、My News Japanに「社風を見分けるセオリー」という記事がある。 「社風の見分け方」の図解が面白い。 300人以上の会社員の取材の結果なのだろうか。 資料出典:「社風」を見分けるセオリー(My News Japan) 勤めて企業2社ともこの図の中にある。サークルエリアと個人商店エリアの属する企業だ。 長くサークルエリアの企業に勤めていたが、事業ごと個人商店エリアの企業に合弁後、吸収された。たしかに、会社によって社風は異なる。 個人商店エリアの企業に移って、「サッカー型の企業ですよね」と話したら、「野球型だよ」と言われた。 個々人の力を結集して、チームでプロジェクトを進めると思って尋ねたのだが、意外な答えだと思った。その話を聞いてから、よくよく観察してみれば、確かに、個人や個人が所属する組織を第一に考え、その守備範囲を守るが、あまり積極的に他者へ協力はしない。 事前のネゴが重要で、役割、互いの利益を明確すれば協力は得られるが、そうしないと反対される。結構、労力を使う。 事業部ごとで若干の違いはあるようだが、他事業部でも、中国から帰任したある人は、このやり方になじめずに苦労した聞く。 一方で、サークルエリアの企業は、組織、役職ごとの役割が明確に定義されていたので、他者個人を説得するようなことはなく、個人が各々のミッションを理解していれば、人が集まった議論でも話はまとまりやすい。 …

続きを読む

「ファミマ リストラ内部資料流出」からみえる現実

どんな事業にも終末はある。自動車は100年近く続いていたが、曲がり角を迎えている。一般的にはひとつの事業が30年続けることができれば、上出来であろうか。 今、コンビニ業界が、その曲がり角を迎えているのであろうか。 ファミリーマートの早期退職に応募殺到、リストラ資料が明かす大混乱の裏側(ダイアモンドオンライン) 電機メーカに長く勤め、こうしたリストラを何度も経験してきた。生き残ってはきたけど、最後は事業ごとリストラになった。 そうした経験からみれば、今ファミマで起きていることは、当たり前のことになのかもしれない。間違いなく年齢で選別されるし、「えっ、この人も」、なんて若いときにはそうした現場を見て感じたりもしたが、自分が管理者側に立ったとき、リストラリストのことや対処の方法などを学んだりもした。 親会社との関係も触れられているけど、これも経験からすれば、ごく当たり前のことかと思える。 勤めていた電機会社の事業部は、競合の電機会社の事業部と51:49の比率で合弁して新会社を作った。 自分がいたのは49の方だった。合弁して間もなくして、51の方の人から、 「好きにやらせておいて失敗するのを待つ」ようなことを聞いた。基本、積極的に協力はせずに、みているということであろうか。 当然、行き詰まる。そうなると、肩を叩く。こんなことが連続していた。管理職が少しづつ減っていく。51の方もそうであるが、49の方が圧倒的に多い。 合弁する前までは、戦略…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」