参考にしたいアフリカの無電化地域解消への取り組み 分散化電源のいま

千葉での大規模停電が解消したとの報道があったが、まだ完全復旧には至っていないようだ。 停電ゼロ、でも電気は来ない 「見捨てられた集落です」 台風15号で被災の千葉・鋸南町(HUFFPOST) 「見捨てられた集落というやつですよ」 暴風雨で母屋の屋根はトタンがはがれて雨漏りし、農機具を入れる倉庫も屋根や壁がはがれ落ちた。街へ向かう道は倒木や土砂崩れで寸断され、集落ごと「孤立」した。 災害復旧には必ず犠牲になる人たちがいる。そんな現実を考えると、もっと有効な対策を講じる必要があるし、個人としても何らかの自衛も必要ということなのか。 アフリカには無電力地域に6億人が暮らすという。日本の商社がさかんにこの無電力地域の電力解消に向け投資しているようだ。 三菱商事、アフリカでのオフグリッド分散電源事業へ参画! ソーラー発電・家電キットを販売!(Africa Quest.com) 三菱商事とEDF社は、アフリカの無電化地域(オフグリッド地域)において蓄電池を活用するビジネスを推進するため、NEoT Offgrid Africa(NOA)に出資している。NOA社は、EDFが強みを持つコートジボワールなどアフリカのオフグリッド地域における分散電源事業を推進する合弁会社です。第1弾として、電源(太陽光発電と蓄電池)と生活家電(照明、ラジオ、TVなど)のセットを一般家庭向けにレンタルする事業を展開するとのこと。(出所:Africa Quest.com) アフリカ…

続きを読む

日本市場に浸透してきた中国企業

気がつくと身の回りに中国製品が溢れるといる。100均はもちろんのことだが、食品、日用品に衣服、電化製品の多くが中国製だろう。ここ最近では、スマホのように中国メーカの製品も日常の中に入ってきた。ECサイトもしかり、中国メーカのサイトで経由での買い物もできる。TikTokのような動画サービスも今や当たり前になっている。 中国メディアにこんな記事があった。一理あるようだが、果たしてほんとうにそうなの?と思う。 中国人とは真逆だ! 日本人はなぜ国産品を愛してやまないのか=中国メディア 国産品が高額でも国民に愛されているというのは、それだけ質が認められている証拠と言えるだろう。これは、国産は「安かろう悪かろう」というイメージの付いている中国製とは真逆の傾向だ。記事に対して、「よほど国産品に自信があるのだろう」、「実際、日本の化粧品はとても良い」、「日本製に勝るバイクがどこにある」、「日本製は安全」など、日本製の質の高さを称賛するコメントが多く見られた。 記事が指摘する通り、牛肉や果物については確かに国産を好む傾向はあるかもしれない。 中国では、中国産は「安かろう、悪かろう」で人気がなく、日本製の人気が高いという。たしかにそういう報道はよく目にする。まるで高度成長期の日本のようだ。当時の国産といえば、「安かろう、悪かろう」で、舶来品が羨望の的だった。 記事とは逆のことを言うが、今の日本は好む好まざるに関係なく中国製を使っているように思う。安さがその理由になるのだろうか。…

続きを読む

介護アシストスーツの今 父親の介護に思う

今年、父親が脳梗塞で倒れた。動けない、食べれない、しゃべれないの3重苦の末、老衰のため86年の生涯を閉じた。 病院で3週間、介護施設で約1週間お世話になった。初めて介護の現場を目の当たりにした。看護師、介護士、理学療法士が懸命に支えてくれたが回復することがなかった。 介護の現場はほんとうに重労働だ。おむつの交換、車椅子にのせて散歩。見ていて気の毒になる。パワーアシストスーツのことは知っていたが、こういう現場での有用性をつくづく感じる。 パナソニックのパワーアシストスーツがワールド パラ・パワーリフティングを支援 東京2020パラリンピック「パワーリフティング」への提供決定 Panasonicが東京2020パラリンピック「パワーリフティング」へパワーアシストスーツを提供するという。すでに空港や農業現場など、重い荷物の上げ下げを頻繁に行う作業現場で活用されているというが、まだ価格は高いようで75万~80万円。リースで月1万5000円前後になる。2016年に厚労省の助成でパワーアシストスーツを購入する介護・福祉施設が急増したが、2017年は事業継続とならずに、反動で需要減となっていたようだ。まだ市場規模は小さく、2020年でも4500台程度である。 パワーアシストスーツ市場概況 (出所:株式会社 日本能率協会総合研究所) ・2023年度の国内のパワーアシストスーツ市場は約8000台 ・歩行訓練を補助する「自立支援型」と重労働を補助する「作業支援型」に大別さ…

続きを読む



   

      



クラウドソーシング「ランサーズ」






クラウドソーシング「ランサーズ」